トップページ > 事業案内 > 消防用設備点検・工事

消防用設備点検・工事

ビルや施設の防災用設備には、下記のようなものがあります。

  • 警報設備 (自動火災報知設備、ガス漏れ警報設備、非常警報装置など)
  • 消火設備 (消火器具、屋内消火栓、スプリンクラーなど)
  • 避難設備 (誘導標識、避難器具など)
  • 火災拡大防止設備(防火戸、防火・防煙シャッター設備など)
  • 消火活動用設備(連結送水管設備、排煙設備、非常コンセント設備など)
  • 消火用水(防火水槽など)
  • 避雷設備(避雷針など)

これらの防災設備は、適正な設置が計画され、また点検保守により常に万全の状態であることが、ビルや施設を火災や災害から守る上で必須です。

特に消防用設備については、消防法で設置や点検の基準が定められ、工事や点検は有資格者でなければ行なうことができません。
日鉄住金ビジネスサービス関西は、経験豊富な消防設備士や消防設備点検資格者を数多く有しており、万全のサービスをご提供いたします。

消防用設備点検 消防用設備点検・工事