トップページ > 事業案内 > 常駐警備

常駐警備

常駐警備とは

常駐警備

「人」と「施設」が、常に安全でより快適な環境を維持するため、警備と防災のいずれにも精通した警備スタッフによる警備が「常駐警備」です。

最近の施設の出入管理は、個別ICカードシステムなどシステム化が進んでいますが、大規模施設や厳重な管理を要する場合には、「人間の力」を活かした警備員による「常駐警備」が欠かせません。

日鉄住金ビジネスサービス関西の常駐警備

優秀な警備員

常駐警備

教育訓練を積み重ねた警備員は、出入管理の他、日常の「巡回」、「点検」、「監視」による防犯防災、ならびに「緊急時の対処」、「避難誘導」、「救急」、「初期消火」などにより、人と施設を危険から守り、安全で快適な環境を作ります。

万全の警備計画

常駐警備

施設の考えられるリスクを検討し、適切な警備計画を作成します。機械警備と常駐警備を併用し、適正な警備防災機器と警備要員の配置により、防犯、防災、出入管理に万全を期します。